我が家のバランスシート|貸借対照表

投資

バランスシートとは?

下の表はバランスシート(貸借対照表)と呼ばれる資産を見える化したもので、いわゆる決算書の一種です。ちなみに我が家のリアルのモノになっています。

引用元:マネーフォワードME

緑色の部分が資産で、赤色が負債(借金)、黄色が純資産になっています。

ここで重要なのが純資産です。

純資産を沢山持っている人の事をお金持ちという訳です。

もし資産額が莫大だったとしても、純資産が負債よりはるかに小さければ、借金だらけの人という事になります。

資産とは?

もし貯金が全くない状態で35年の住宅ローン、マイカーローン(最近は残クレなど)、教育ローンやクレジットの支払、キャッシング(一番まずいヤツ)などの負債(借金)が多ければ、経済的に健全と呼べる状態ではないのです。

残念なお話ですが、借金が多いだけでお金持ち(豊か)ではないのです。

例えば、購入した住宅が本当に資産価値があるものならば、年々価値が下がったりはしません。住宅展示場にいるセールスマンは度々「住宅は資産になりますよ。」と言います。

しかし現実は、残酷で35年前に購入した3500万円の土地付き一戸建てを今売却しようとすると、、、300万円とか500万にになったりします。

ちなみに3500万円を年利7%で30年運用した場合、約2億8千万円になります。

資産とは価値が減っていくものではなく、年数とともに増えていくものです。

我が家の目標

お金持ちの定義は以前ブログで紹介しました→マス層からの脱出

当ブログではマス層(金融資産3000万円未満)からアッパーマス層(金融資産3000万円以上5000万円未満)へ脱出するのを目的として日々コツコツ?やっております。

現在まで、依然として1500万円に届いていません、、、

年間150万円近く投資していけば、恐らく10年以内には目標達成しそうな気がします。

まとめ

今回はバランスシートの紹介でした。

我が家では普段の家計管理をマネーフォワードMEを使っています。

バランスシートを作ってくれたり一目で資産状況が分かるのでとても重宝しています。

ぜひお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました